ミノキシジルを中止すると 脱毛の危険

ミノキシジルを中止すると脱毛しますか?

はい、する人が多いと思います。

 

ミノキシジルを中止すると脱毛するとよく言われます。
それはなぜなのか?

 

ミノキシジルを使っている時には
ミノキシジルのお陰で血行が良くなっている状態で
毛髪をつくる毛母細胞が活性化された状態です。

 

 

もちろん中止することで血行状態も
以前の状態に戻ってしまいますから
毛髪も以前の状態に戻ってしまうと考えられます。

 

 

ですから、ミノキシジルを中止することで
脱毛が進むように感じられます。
回復しかけていた毛髪がなくなるので
脱毛が進むと思われがちですが、正しくは元の状態に戻るということです。

あなたは、ミノキシジルを中止したまま放置しますか?

ミノキシジルを中止しようと思う人が多いのも事実です。
理由も様々

 

●ミノキシジルによって頭皮に異常が出てきて続けられない場合
●ミノキシジルを使うと胸痛が起こったり、不整脈が出て続けられない場合
●人の副作用を聞いて、ちょっと怖くなった場合
●ミノキシジル製品のベタつきが我慢できない場合
●続ける経済力に問題がある場合
などなど

 

どれも、ミノキシジルに頼らず他の方法を模索する人が多いようです。

 

 

ミノキシジルは、血行促進して栄養を毛根に運んで
髪の生成力を高める作用があると言われています。
国に認められるほどの成分ですから、それなりの実績はあるので
続けたいという人も多いのですが、なかなか一筋で続けることは難しいものでもあります。

 

 

そこで、育毛対策となります。
血行促進に良い成分というのは、他にもあります。
センブリエキスなどがその代表例で、こちらも血行促進作用があると言われています。

 

 

それ以外にもポリリン酸という成分は
血行を増やして栄養を毛根に運んで、その栄養で毛乳頭が活性化するような間接的なことではなく
直接的に毛乳頭に働きかけて、活性化させる成分ということで注目されています。

 

 

こういった成分で育毛することで
ミノキシジルに頼らずに育毛に取り組むことが出来ます。