ミノキシジルで炎症

ミノキシジルで炎症

国にも認め得られた育毛成分であるミノキシジル
このミノキシジルの副作用には、頭皮の炎症があります。

 

 

髪の毛を元気にするには、欠かせない成分だという思いから
炎症は、気のせいだと思ったり
ミノキシジルのせいでは、きっとないと思ったりと
使い続けることで炎症がひどくなったという報告もあります。

 

 

もしも、炎症までいかなくても
頭皮に痒みが出てきたり、赤みが出てきた時には
ミノキシジルの使用を中止するべきです。

 

 

そのまま、使い続けることで
ミノキ焼けなんて言われたりすることもありますが
髪の毛が一生生えてこない頭皮になることもあります。

 

 

本来なら、ミノキシジルを中止して
すぐにでも病院の皮膚科で診てもらうことを進めたいところですが
忙しい場合や恥ずかしい思いから
これもなかなか行動できないでいる人もいます。

 

 

こういう場合は、中止してしばらく様子を見てください。
それでも治らなければ、やはり病院に行って薬を処方してもらうしかありませんが
軽い場合は、自然治癒で収まる場合もあります。

 

 

くれぐれも、放置しすぎないように気をつけてください。

頭皮に影響しにくい育毛剤

頭皮の炎症が治まるまでは
どんな育毛剤でも、使うのをやめておいた方が賢明です。

 

 

炎症が治るまでの間にすることは
使っていた育毛剤を1滴指でとって、毎日同じ場所に塗ってみてください。
それで、腕でも炎症が起きるようなら、その育毛剤はやめておきましょう。

 

 

血行促進により発毛にも効果があると言われるミノキシジルですが
それ以外にも、血行促進プラスαで良い育毛剤もあります。

 

 

血行促進は、血流を良くして
毛乳頭に栄養を運ぶことで発毛を促しますが
最近新たに発見されているポリリン酸は、直接毛乳頭に働きかける成分。

 

 

副作用においても
炎症をおこすような成分は、入ってなく
安心して使える育毛剤です。